FRACTAL chem blog

FRACTAL Dr.SAKAI の科学ブログ

4D、4次元世界とは一体何なのか… その2

4D、4次元世界とは一体何なのか…と。

前回の「4D、4次元世界とは一体何なのか…その1」をご覧の上この先にお進みください。

 

 

 

前回、3次元までをご説明しました!!

おさらいしましょう!

0次元・・・ただの点

1次元・・・横移動できる点

2次元・・・縦にも移動できる点

3次元・・・奥にも移動できる点

と言った解釈で大丈夫です。

移動した点の軌跡は、点→線→平面→立体と変化していきます。

4次元

4次元

と、画像でみるとこんな感じ。

 

ではでは本題。

「4次元」とは何なのか。

実を言うとさっぱり分かりません。

しかし、理論立てて予測することができます。

 

どんな風に予測しますか?少し考えて見ましょう!

ちなみに現在の理論では4次元はこんな形をしています。

サイエンスバー

4次元

 

 

では、現在考えられている4次元の正体とは・・・考え方とは。

上の画像ではただの3次元、画像上では2次元にしか過ぎません。

どの様に理解するかと言うと!!!

「影」です!!

影こそが今回の鍵を握っているのです。

 

3次元の箱に光を当てて地面に影を映し出すとどうでしょうか。

サイエンスバー

と、こんな感じです。

さてさて、地面に移った影は・・・?

「2次元になる」わけですね。

・・・と、いうことは???

はい、4次元の影はどうでしょう。

4次元の影は3次元になると言う解釈です!

 

ちなみに先ほどの4次元の画像ですが、影にすると

8個の立方体を十字架の形に配列した形になります。

 

僕たちの住む3次元ですが、もしかして・・・

4次元の影は3次元だから・・・

と、科学を離れて哲学の扉をたたきそうなのでここまでにしましょう。

 

うん、文字で説明するのって難しい!!

サイエンスバー

サイエンスバー/

 

今日もFRACTALでは科学の話で盛り上がります!

 

Dr.SAKAI