FRACTAL chem blog

FRACTAL Dr.SAKAI の科学ブログ

4D、4次元世界とは一体何なのか… その1

4次元世界とは一体何なのか…

先日、FRACTALのカウンターで出た話題です。

誰もが一度は耳にしたことのある「4次元」とは一体どんな世界なのか。

ドラえもんのポケットや、ブラックホールを想像する方もいるかと思います。

これについては分かりません…

そもそも分かるはずもありません。

4次元と言う世界は観測できませんので…

なんて答えるのもなんだか楽しくないので本気で語り合いました(笑)

 

4次元に辿り着く前に、0次元から順に理解しましょう。

 

まずは

「0次元」

0次元と言うのはただの点です。

素粒子だとか砂粒とかではない、奥行きを持たない点です。

レクタンギュラー(X,Y,Z)でいう軸の原点にあたります。

次に

「1次元」

1次元は、その点が左右に移動できる状態です。

いわゆる線であったりします。

これはx軸方向です。

身近なものとしてバーコード(JAN)に利用されています。

そして

「2次元」

今まで横に移動できた点が、上下にも移動できるようになります。

これは一般的に「絵画」や「写真」が例として挙げられます。

いわゆるY軸方向。

実用例としてはQRコードに利用されています。

そして

「3次元」

僕らの住む世界に広がっています。

3次元は上下左右に動く点に奥行きを与えます。

 

ここまでは理解できましたか?

図で説明するとこうなります。

f:id:gravity10:20170804062324g:plain

緑の点に注目です。

この点の移動の軌跡が辺だとしましょう。

3次元まではこうして軌跡を辺と捉えることができます。

…軌跡は点が通った道なので、通過後に変形したりしませんよね?

 

そして先ほどチラッとでたバーコードの話。

こちらも図で見ると分かりやすいですね。

サイエンスバー

サイエンスバー

3次元のコードがあったら…もはやルービックキューブです(笑)

物流の倉庫にある荷物ひとつひとつnルービックキューブが付いていたら笑います(笑)

 

それでは本題。

まずは4次元の画像を見てみましょう。

サイエンスバー

こんな感じです。

箱の中に箱が入っているとも言える状態ですね。

2つ箱があるような…

でもこれ、実はひとつです。これでひとつなのです。

ちなみにこの辺、伸びたり縮んだりもします。

辺は点が通った軌跡で過去のものなのに変形するのです…

イメージつきますか?正直、この説明だけでは分かりませんよね…

 

というわけで、次回の記事で4次元を確実に捉えて理解してみましょう。

意外と簡単に理解できる方法があるのですよ!

 

普段の僕はこんな事を話しながらカクテルを作ったりしてます(笑)

サイエンスバー

 

サイエンスバ FRACTAL

愛知県岡崎市松本町42-32

080-9730-3106