FRACTAL chem blog

FRACTAL Dr.SAKAI の科学ブログ

太陽が活動を休止!? 地球はどうなる!?

こんにちは。

 

太陽に異変が起きているようです。

「太陽に全く元気がなくパッとしない。明らかに異変が起きている」。米航空宇宙局(NASA)の研究者、ジョナサン・サーテイン氏は先週、今年の太陽の活動を評して米メディアにこう語りました。

今年は太陽の活動が強くなったり弱くなったりする11年周期の中で、活動がピークになる年(極大期)に当たり、通常なら、 太陽の北極と南極の磁場が入れ替わる「極域磁場転換」が起きるはずですが、いまだに起きていないのです。

さらに、活動ピーク年には増えるはずの“太陽の元気の バロメーター”とされる「黒点」も今年は異常に少なく公開された米航空宇宙局(NASA)の写真では全く黒点がない状態です。今後、太陽は活動の低調期に入り、地球ではミニ氷河期が来るうわさもあります。

観測史上、太陽は11年ごとに北極と南極の磁場が入れ替わることが分かっています。その詳しいメカニズムは不明だが、当該年は太陽の活動が最も活発になる年 で、主に高緯度地帯に多数の黒点ができます。

黒点は磁石のように強い磁場が起きている場所で、磁力によって太陽内部の熱が表面から放出されるのが抑えられて いるため、周囲より低温で黒く見えます。

黒点の地点は低温でも、その総面積は太陽のほんのごく一部であり、黒点が多発する時期は太陽全体のエネルギー放出量 は増大します。

 

http://p.news.nimg.jp/photo/511/1805511p.jpg