FRACTAL chem blog

FRACTAL Dr.SAKAI の科学ブログ

「重力波を初観測」 今後に解明されてくる5つのものとは

こんにちは。

日本時間2月11日に、アメリカを中心とした国際研究チーム「LIGO」が宇宙空間にできた「ゆがみ」が波となって伝わる現象、いわゆる「重力波」を初めて直接観測することに成功したと発表しました。

中学・高校生の方!!!

これはきっと時事問題にでますよー!

重力波」「(米)LIGO」「直接観測」「2月11日」

この4つの単語は確実に覚えておきましょう。

 

さて、今後この「重力波」によって解明されるものは何でしょうか。

重力波アルベルト・アインシュタインが「太陽が瞬間的に消滅したら地球の公転軌道どうなるか」の論争で提唱した仮説でした。

存在は過去に直接観測された事例はなく、その存在さえ怪しいと一部では言われるほどでした。しかしこの「重力波」の仮説がないと成立しない理論が数多くあり、その存在は信じられてきました。

重力波」を解明するということは「重力」を解明することになり「解明する」ということは「操作」できると言うことになります。

重力波解明に伴い今後の発明・解明されるものとは…

1.一般・特殊相対性理論

アルベルト・アインシュタインの唱えた理論です。異なる重力圏では時間の流れ方が違うと言うものです。既にGPS等で一部の実用化がありますが、更なる実用が期待できます。

2.タイムマシン

相対性理論の解明により、それを操ることが可能になるのではないかというものです。

3.パラレルワールド

重力波の解明に伴いブラックホールを解明することにも繋がります。

多次元世界であると言うブラックホールの解明は他次元、つまり多世界釈の存在有無について照明できるようになってきます。

4.霊などの存在有無

これまでに科学では証明できなかったオカルト分野も科学になる可能性があります。

5.UFOなどの存在有無

上記におなじで、科学では照明できなかったオカルト分野も科学になる可能性があります。

 

これから先まだまだ多くの理論や仮説が証明されることになると思われます。